家でも作れるガーリックトリュフフライ(フライドポテト)のレシピ

アメリカのレストランで食べた味、
ガーリックとトリュフの香りがたまらない「ガーリックトリュフフライ」を
手軽に作れるレシピです。

名前から「ニンニクとトリュフの揚げ物」と勘違いされる方が多いですが、
フライといえばフレンチフライ、つまりフライドポテトのことです。

ガーリック&トリュフフレーバードフレンチフライ、と思ってください。

ガーリックトリュフフライのレシピ

材料

  • ニンニク…1片
  • フレーバートリュフオイル(黒)…大さじ1
  • 粉チーズ(パルメザン)…小さじ2
  • パセリ…適量
  • ハーブソルト…適量
  • フレンチフライ(シューストリング)…180g

ソースの要となるトリュフはフレーバートリュフオイルを使う事で簡単にクリアできます。
オススメはチリオのフレーバー・オイル・トリュフです。
安価にトリュフの香りを手に入れられます。

パセリは生パセリを刻むと綺麗に仕上がりますが、
ドライパセリでも大丈夫です。

ハーブソルトはクレイジーソルトが手軽です。
クレイジーソルトじゃなくても、お好みのハーブソルトで美味しく仕上げてください。

フレンチフライは揚げたてが一番ですが、
ファストフードで買ってきたものを代用してもいいかもしれません。

買ってきた場合にはハーブソルトを振ると塩分が高くなってしまうので注意が必要です。

作り方

  1. ニンニクを細かいダイス上に刻みます。
  2. 刻んだニンニクを小さめのココットに入れ、トリュフオイルを注いで漬けます。
  3. フレンチフライを揚げます。(5分程度)
  4. 揚がったフレンチフライの油をよく切りボウルにあけ、ハーブソルトを振り、2で作ったソースをかけます。
  5. ボウルでフレンチフライとソースをかき混ぜ、よく馴染ませます。
  6. お皿にフレンチフライを盛り、ボウルに残ったニンニクとオイルを上に乗せます。
  7. 全体に粉チーズを振りかけ、刻んだパセリを乗せたら完成。

材料を先に全て用意しておくとスムーズに仕上げられますが、
フレンチフライの揚げ時間が5分と長めに取ってある為、その間に準備をしても十分間に合います。

フレンチフライの市販品はたいてい170℃で3分が目安となっていますが、
5分揚げる事で表面がカリッと揚がり、ガーリックトリュフオイル・チーズによく合うようになります。
※ここはお好みで。揚げすぎて焦がさないよう注意!

補足

実際に店で出していたメニューです。
生のガーリックをそのまま乗せているので、お腹が弱い人は除けて食べる必要があります。

お酒は白ワインか、クラフトビールならベルジャンホワイトがオススメ。

もともとフレンチフライがベルギーの料理なので、
ベルギー由来のクラフトビール「Wit(ベルジャンホワイト)」が良く合います。

アメリカのクラフトビールで、日本で飲めるベルジャンホワイトは「BLUE MOON」が有名です。

家飲みでこんな組み合わせが出てきたら絶対嬉しい!

この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*