アメリカンな朝食ならグランドスラム。美味しくはなさそうだけど・・・簡単な作り方。

アメリカのデニーズに行くと、「SLAMS」または「Grand Slam」という名のメニューを見かけます。
これが何ともアメリカンな朝食。

決して美味しくはない・・・美味しくはないんだけれど、
とってもアメリカンで大好き。

これは1977年に当時引退していたホームランスラッガーのハンク・アーロンに向けて命名されたもの。
(グランドスラムは満塁ホームランの意味)

そんなグランドスラムを自宅で朝ごはんに食べたら、まさに気分はアメリカンです。

グランドスラムの作り方

グランドスラムのレシピはとっても簡単。

トーストまたはパンケーキ2枚、
卵3個分のチェダーチーズ入りスクランブルエッグ、
ウィンナーソーセージ2本、
ベーコン2枚。

お好みでハッシュドポテト。(またはサラダ)

これをお皿に並べたらできあがりです。

https://www.dennys.com/food/breakfast/all-american-slam/
https://www.dennys.com/food/breakfast/all-american-slam/

どうでしょう、この全面茶系のメニュー・・・美味しくなさそうだけど、なんだかとってもアメリカンだと思いませんか。
現にデニーズのSLAMS以外にも、他のアメリカンレストランの朝食で「アメリカンブレックファスト」というメニューがあれば
こういった感じのものが出てきます。

それぐらいアメリカ人には馴染みのある朝ごはんということですね。
※日本における納豆とお味噌汁と・・みたいな感覚でしょうか。

グランドスラムウィッチ

添えられているパン(またはパンケーキ)に卵、ソーセージ、ベーコンを挟めば
グランドスラムウィッチの出来上がり。

これまたアメリカンですね・・・。

こんなのばかり食べてたら確実に体に悪そうだけど、
でもどうしてもやってみたい!と思わせられちゃう・・。

アメリカンな料理にはそういった魅力があります。

この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*