アメリカ雑貨やアメリカンなグッズ

部屋にあるだけで一気にアメリカン。アメリカの3大エレキギターブランドの代表する一本。

投稿日:2016年1月23日 更新日:

筆者が子供の頃にはロックを聴いたりエレキを弾いたりすることは
まだまだ不良の子がやる行いと言われていました。
※住んでいる地域のせいかもしれませんが。

そんなエレキギターも今やすでに「不良」の代名詞ではなくなり、
アメリカだけでなく日本やドイツ、イタリアなどなど様々な先進国がいくつもブランドを持って開発・販売しています。

そんな中でも抑えておくべきアメリカの3ブランドと、そのブランドのフラッグシップと言えるモデルについて解説します。

アメリカの3大エレキギターブランド

Fender

Fender フェンダー スタンダードストラトキャスター キャンディアップルレッドStandard Stratocaster, Rosewood Fretboard - Candy Apple Red[並行輸入]

アメリカのギターブランドで必ず押さえておかなければならない2つのうち1つはFenderです。
ギターだけでなく、ギターアンプなどでも有名です。

メーカーロゴもおしゃれでアートになりやすいです。

Fender社が誇るギターといえば、テレキャスターというやや初期型のエレキもありますが、
多くの方がギターと聞いて一番に想像する形がこの「ストラトキャスター」だと思います。

エリッククラプトンのブラッキーという黒いストラトキャスターに相当な高値がついたことでも有名です。

ストラトキャスターの特徴は、ネックの付け根部分が双方ともにえぐれており(ダブルカッタウェイ)、
高音部分の演奏に支障が少ないところ。
また、ネックから中の電子機器まで簡単に換装が可能で、修理しながら長年使えるところなどです。

個人的にはキャンディアップルレッドカラーのストラトキャスターにとてもアメリカを感じます。

Gibson

Gibson Custom Shop 1959 Les Paul Standard Reissue(Washed Cherry VOS )【WO SN:9 4743】

アメリカのギターブランドで抑えておかなければならないもう1つは間違いなくGibsonです。

Gibsonといえば、ES-335という箱ギターも有名ですが、
それよりももっともっと有名なのがこれ。レスポールスタンダードです。

世の中の中高生ギタリストの90%ぐらいは欲してるんじゃないかと思います。

元々はギブソンがギタリストのレスポール氏の為に作ったシグネイチャーモデルでしたが、
その形状があまりにも普及したことから一般化し、「レスポール」という形を指す名前になりました。

特に1959年製のレスポールスタンダード・サンバーストはギタリストの間でも伝説の品になっており、
店舗によっては状態のいい物が数千万円の価格にまでなっています。

(・・日本の有名なギタリストはだいたいこれを一本は持ってて驚かされます)

レスポールモデルはフェンダーのストラトキャスターとは違い、
ネックが外せない点、ボディがやや厚い点、ネックの付け根が片方しかえぐれていない(シングルカッタウェイ)点などが挙げられます。

※B’zの松本孝弘氏のシグネイチャーモデルはレスポールのダブルカッタウェイモデルで、レスポールならではの音に弾きやすさも兼ね備えています。

Gretsch

Gretsch / G6120SH Brian Setzer Hot Rod Green Sparkle S/N JT15020670

3つめに挙げるブランドは悩みましたが、個人的な好き嫌いによって「Gretsch」にさせて頂きました。

GretschはGibsonがレスポールと契約する中、レスポールと人気を二分していたギタリスト・チェットアトキンスとの契約をするなど、1950年代近辺ではGibsonとの小競り合いをしていました。

近年ではGibsonに比べての知名度が低い部分はあるものの、
熱烈なファンが付く具合は負けていません。

事実筆者もこの3つのブランドの中ではグレッチが一番好きなアメリカンギターです。

グレッチギターにはホワイトファルコンという「世界一美しいギター」の冠を持った箱モノエレキギターがあります。
昨年の紅白でmiwaさんがホワイトファルコンのJr.モデルを使っていました。

でも筆者はそれよりも、アメリカンなギターとしては6120というモデルをオススメします。

6120はロカビリー好きなギタリストが愛用するイメージで、
愛用するブライアンセッツァーの活躍もあって、特にアメリカンな印象を受けます。

おわりに

いかがでしょうか。
エレキギターって、それだけで部屋がアメリカンでオシャレな感じになる感じがしませんか?

ギタリストにとっては「弾かないで飾っておくなんてもったいない」と思ってしまいますが、
個人的にはオブジェとしても輝くほどの価値があると思っています。

先日テレビでよっちゃんが「歴史ある壺には水を差したりしない」という話を例えに、
ギターも弾かないで保存しておく物があると言っていました。

とはいえ、いきなり高級品を買えない人の為にも、各ブランドが廉価版のギターを発売しています。

FenderならSquierというブランド、GibsonならEpiphone、GretschはElectromaticです。
これらは2万円台~6・7万円ぐらいで購入できて、本物と遜色ないモデルに仕上がっているので
オブジェ用、またはエレキギター入門用にオススメです。

-アメリカ雑貨やアメリカンなグッズ
-

関連記事

君はOfficer Big Mac(ビッグマックポリス)を覚えているか

マクドナルドで、・・いや、 世の中のハンバーガーの中で一番美味しいのは間違いなくBIG MACです。(異論は認めます) 筆者は自分の他にも、グルメバーガーを食べ歩いたにも関わらず最終的にはビッグマック …

ギターは買えなくても本格ギターフィギュアなら買える!

先日、部屋のオブジェにもアメリカンなギターがオススメと書きました。 部屋にあるだけで一気にアメリカン。アメリカの3大エレキギターブランドの代表する一本。 ただ、部屋をアメリカンにするだけの為にギターを …

車の免許さえあれば乗れる50ccのアメリカンバイクがある!

アメリカ好きだったら、ハーレーに跨って大陸横断・・みたいな夢が少なからずあると思います。 でも大型バイクの免許を取りに行くのも簡単ではないし、そもそもそんなに乗る機会ないよ・・ なーんて思っている方に …

Firekingのキンバリーマグの魅力についておさらい。

アメリカンなコレクターズアイテムとして人気のFireking。 特に企業ロゴの入ったアドマグはありえない程の価格がついています。 Firekingブランドのミルクグラス商品は、作られていた時期が短いも …

アメ車買う価格で10,000台買えちゃうアメ車、Hot Wheelsの魅力

アメリカ好きなら一度は必ず憧れる「アメ車」。 日本で乗るには維持費(税金とか)も高いし、道も狭いし、 何しろ故障した時のパーツ代や取り寄せ期間を考えると「趣味」の域を出ないと言われています。 左ハンド …